読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冒険遊び場@石山緑地

札幌市南区・石山緑地プレーパークだより(主催:ニコニコ会COザルCO)

2016年度ありがとう!

コザルッコプレーパーク、
札幌市に登録して行った
2016年度の活動が
無事、終了しました。


昨年度から続けて
たくさんの地域の皆さまに
応援していただきました。


札幌市をはじめ、
地域の皆さんとつながって
いろいろな物も力もお借りして
やっと続けられている
小さなちいさな
このプレーパークです。



何のために
この形でやっているのか

プレーパークって何だ?


遊びって何だ?

・・・


考え方はたくさんあって

コザルッコとしては

何かひとつの答えを用意して
その答えに染めようと
待ち構えているわけではなく(笑)


遊ぶ子どもたちを見守りながら

ときに、共に遊びながら



続いていくこと

つながっていること



なんてのを

ぼんやり、ゆっくり
どこか心の片すみに浮かべて


ただただ、
何もかも
すっかり忘れて


遊びこんだり
はしゃいだり
ゆっくりしたりして



そうこうするうちに

自分に気がついたり
みてなかったことがみえてきて


自分でいるってこと
いろいろな人たちと生きているってこと



より面白さをかんじたり
ホッとしたり
させていただいて


みんなで
なにかの可能性を
あきらめずにいられたら
いいなぁ


・・・
なんていう、
ところでしょうかネ☆


精巧な機械ほど

あそび

ってのが
いるもんですよね


バシっ、と
キメキメすぎだと

壊れやすかったりして。



予想外のことがおこっても
対応できるフトコロ・能力

それがあったとしても

動きがキメキメだと

ひとつ間違っただけで
動かなくなる



とてもとても精密な
にんげんの

あそび

になるような場で

あったらいいのかな。


どうですか!?(笑)


そして、

そんなことを
大人同士、しかめっ面して
机の上の書類と一緒に
考えこむより


今を生きる子どもたちと一緒に

ココロもカラダもアタマも
まとっている気配も

丸ごと投入して


ハードもソフトも
あちこち動かしながら

気がついたら
自分丸ごとが
どんどん
あたらしくなって

・・・

どんどん適応力やら何やらが
発揮されるようになって

・・・

どんどん
いろいろ大丈夫に
なっていく

・・・


そんな感じだと
いいのかな。


こういうこと、
面と向かって話したりしなくても

ときに、
面倒ぐさがったりしても

意外とみんな

普通に

それぞれ考えて

生きているものでは
ないでしょうかねぇ?



子どもだって

うんと幼いようでも
言語化はできなくても

感じていることが
あるのでは?

だって子どもたち

ときどき

神さまみたいなこと

言いませんか?(笑)

いまココロを読んだだろ!?

みたいなこととか(笑)


そういう
みえにくいところを
みなかったことにはしたくないし

それこそが
面白いんだよな、と


これを書いている

コザルッコ副代表で
プレーリーダーの
リンゴちゃんは
観じております。

以上、振りかえりでした!


ちなみに
わたしにとって
プレーパークだけが
そんなことを観じられる
唯一の方法でも場でも
ありません。

代表のセイセイもそうです。

子どもたちも、そうです。


だから、自分たちも
いつまでやるかも
わからないけれど

本当に面白いことの
ひとつだったから

そして

みえるものもみえないものも
いろいろ得るところがあった
ひとつの方法だったから


こういうのもあるよ、

と、お伝えしてこれました。

 

それは変わらずあって、
やり方や想いは
常に変化しつづけています。


いつも応援ありがとうございます!


*お問い合わせ*
ニコニコ会コザルッコ
代表 セイセイ
副代表 リンゴ
cozaruco@bst.rocks